フォトフェイシャル医療に用いる光は、果してどういった気質があるのでしょう。光の糧で肌荒れを改善するというと、レーザー医療のほうが今はまったく評判かもしれません。レーザーの光ではなく、フォトフェイシャルはIPLという専用の光で肌を施術決める。カメラの発光を表皮に当てるような感覚でフォトフェイシャル医療は出来あり、痛苦もありません。レーザーは、メラニン等の黒色素に反応する光波長って、毛細血管等の赤色素に反応する光波長に分類されます。一方IPLでは、赤といった黒の両方に一度に施術をすることができます。レーザー医療と比較した場合、フォトフェイシャルって著しく違っているところは一体何でしょう。肌荒れの原因となっているターゲットであるメラニンや毛細血管などを、ピンポイントで克服の要因といった見込める事項にあります。医療をしている辺りと異なるスポットも、光が当たればレーザーの影響が出てしまう。フォトフェイシャル医療のプラスアルファは、周囲の表皮に悪影響を与える面無く、施術望む部分にのみ表現を与えられる事項だ。思わぬ副作用が出る危険も悪い結果、顔じゅうに洗いざらい光を当てられることがフォトフェイシャルの良さです。フォトフェイシャルは、レーザー医療のように配下のワザの有無で効果が異なるということもあります。雲のやすらぎの公式サイト